CATEGORY柴岡 守

柴岡一海の次男。父と兄信義のもとで陶技の修練を積む。1973年に独立。花入れ、壺、酒器、茶器、食器などを手掛ける。焼成は作品により登り窯と穴窯を使い分け、作品にあった焼きに心を配る。日本工芸会正会員

表示件数:1~6 / 6
2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • 定休日