CATEGORY松井 浩之

岡山県重要無形文化財保持者 松井與之の長男。京都市工業試験場で釉とろくろ技術を学び、1987年から父のもとで修行。翌年独立する。伝統を踏まえつつも、現代の生活に合う形を追求。「藍彩」「練上」技法に加え「黒襷」などの焼成方法の研究にも取り組む。日本工芸会正会員

表示件数:1~8 / 8
2022年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
  • 定休日